本文

認知症を考える講演会

更新日:2017年2月28日このページを印刷する

tonoya

1 目 的

  日本では65歳以上の4人に1人が認知症またはその予備軍と推測されています。認知症は誰にでも起こりうる「脳の病気」であり、早期発見、早期対応が大切です。この機会に認知症について学び、今、自分にできることを考えてみましょう。

2 日 時

  平成29年3月18日(土曜日)午後1時30分から3時30分

 

3 場 所

  氷見市いきいき元気館 3階ホール

 

4 内 容

  活動報告(午後1時30分から)

  「宮田地区高齢者見守りSOSネットワーク模擬訓練」

  報告者 宮田地区社会福祉協議会 会長 和泉 泰司 氏

 

  講演(午後2時から)

  「認知症の理解と対応について~認知症の人を医療とケアで支えるために~」

  講師 富山赤十字病院 高令心療科部長 殿谷 康博 氏

 

参加無料 事前申し込みは不要で、どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

問い合わせ先:氷見市地域包括支援センター(福祉介護課内)電話74-8067 

地図

富山県氷見市中央町12-21

このページについてのお問い合わせ

[ 地域包括支援センター ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8067 Fax:0766(74)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。