本文

第10回戦没者等に対する特別弔慰金のお知らせ

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

第10回戦没者等に対する特別弔慰金の内容・概要

戦後70周年にあたり、国として戦没者等に対し弔意の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されます。
まだ、手続きをされていない方は、福祉介護課窓口までお問い合わせください。

支給対象となる方及び支給内容

支給対象となる方

戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や 「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方がいない場合に、次の優先順位により、ご遺族お1人に特別弔慰金が支給されます。

  1.平成27年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方

  2.戦没者等の子

  3.戦没者等の (1) 父母  (2) 孫  (3) 祖父母  (4) 兄弟姉妹
   ※ 戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、
     順番が入れ替わります。

  4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(おい、めい等)
   ※ 戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

  額面25万円、5年償還の記名国債

 

 請求期間・請求方法など

請求受付期間及び受付窓口

・請求受付期間・・・平成27年4月1日(水曜日) から 平成30年4月2日(月曜日)まで

・受付窓口・・・福祉介護課 長寿・生活支援担当(氷見市役所1階)

・受付時間・・・平日の午前8時30分から午後5時00分まで

請求時に必要なもの  

・戸籍抄本・・・基準日(平成27年4月1日)以降に発行されたもの
         ※請求者の状況により他の戸籍が必要になる場合があります。

・印鑑

・請求者の個人番号(マイナンバー)カード又は通知カード

・その他本人確認ができるもの

代理人からの請求書提出

請求者ご自身が高齢である等の理由で、窓口にお越しになることが困難な場合は、請求者から委任を受けた代理人が窓口で請求手続きを行うことができます。
代理人が請求手続きをする場合は、戸籍抄本などの上記のものに加え、請求者ご本人からの委任状及び代理人の方の身元確認できるものをご持参いただく必要があります。

  
  ◆請求手続きについて詳しくは、福祉介護課(電話 0766-74-8111)までお問い合わせください。

 

 

 関連リンク

このページについてのお問い合わせ

[ 長寿・生活支援担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8111 Fax:0766(74)8060 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。