本文

水と緑の森づくり事業について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

事業概要

 富山県では、県民の貴重な財産である「とやまの森」を、森林所有者のみならず、県民全体で守り育てていくために、森づくりについての基本理念、県や県民等の役割、県の計画策定、基金の設置等森づくりに関する施策の基本的な事項及び新たな施策の財源とする「水と緑の森づくり税」を定めた総合的な条例として、「富山県森づくり条例(平成18年富山県条例第40号)」が平成18年6月に制定されました。

 これらの新たな施策の財源としての「水と緑の森づくり税」が平成19年4月1日から導入され、「水と緑の森づくり税」を財源とした諸事業が実施されています。

<水と緑の森づくり税を財源とした事業について>

○ 水と緑に恵まれた県土を支える多様な森づくりの推進

 ・里山再生整備事業                

 ・みどりの森再生事業

 ・実のなる木の植栽事業                   

・優良無花粉スギ「立山 森の輝き」普及推進事業

○ とやまの森を支える人づくりなどの推進

 ・とやまの森づくりサポートセンター活動推進事業  

 ・とやまの森づくり総合情報システム事業

 ・とやまの森づくり普及啓発推進事業          

 ・県産材利用促進事業

 ・水と緑の森づくり推進事業                

 ・県民による森づくり提案事業

 

以下で主な事業の内容を紹介します。

 

 

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

[ 林業振興担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8097 Fax:0766(74)1447 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。