本文

電気柵の適切な使用について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 

 平成27年7月19日、静岡県にて鳥獣被害防止のために設置された電気柵に起因する死傷事故が発生しました。 

 事故の原因は、100ボルトの家庭用コンセントを電源にしていたが、電圧を440ボルトまであげることができる変圧器が接続されていたこと、家庭用コンセントを電源としており、設置が必要な漏電遮断器が施設されていなかったこと、短い間隔で電気を流すパルスタイプではなく、継続して電気を流すものであったことで感電に至ったと考えられます。 

 市内においては、鳥獣被害を防止するために多くの圃場に電気柵が設置されています。適正な使用方法で設置された電気柵では、感電事故が発生することはありません。下記の事項に注意し、電気柵の管理を行ってください。

1、電気柵の電気を30ボルト以上の電源(家庭用コンセント等)から供給を受ける場合は、電気用品安全法の適用を受ける電源装置(電気用品安全法の技術基準を満たす電気柵用電源装置)を使用する。

2、上記1の場合において、危険防止のために、漏電遮断器を備える。

3、周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行う。

 

下に添付してある「電気柵の適切な使用について」のチラシもご確認ください。

 

添付ファイル

このページについてのお問い合わせ

[ 農業畜産・いのしし等担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8086 Fax:0766(74)1447 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。