本文

「みんなで乗らんけ、北陸新幹線!」平成29年度新高岡駅利用促進事業

更新日:2017年4月28日このページを印刷する

新高岡駅は氷見市と全国とを結ぶ大切な駅です

氷見市では、北陸新幹線新高岡駅を、本市と全国とを結ぶ玄関口と考え、呉西6市や関係団体と連携し、新高岡駅の利用促進対策を行っています。

その一環として、市民の皆様に新高岡駅から北陸新幹線を利用していただくことを目的に、「みんなで乗らんけ、北陸新幹線!」新高岡駅利用促進事業(アウトバウンド)を、平成28年度に引き続き実施します。

アウトバウンド(Outbound)とは…

直訳すると「外向きの」「外部へ向かう」という意味の英語です。本事業では、氷見市民の方が新高岡駅から北陸新幹線を利用して飛越能(飛騨+越中+能登)地域の外へ出かけていくことを指しています。

「みんなで乗らんけ、北陸新幹線!」新高岡駅利用促進事業(アウトバウンド)の概要

新高岡駅利用促進事業ポスター

氷見市民の皆の新高岡駅からの北陸新幹線利用を促進するため、条件を満たし、JR新高岡駅を利用され、所定の手続きをされた方にプリペイドカードを進呈します

窓口の氷見市観光協会事務局にて手続きをしてください

定員に達し次第募集を終了します。

助成を受けられる皆様にアンケートを実施しています。プリペイドカード交付時にアンケートへのご協力をお願いします。

※氷見市民でない方は助成対象になりません。

申込条件

以下の全ての要件を満たす方を対象とします。

募集定員は先着500名です。定員に達し次第募集を終了しますので、あらかじめご了承ください。

氷見市民(氷見市に住民票を置いている)であること。

以下の旅行行程であること。

  •  乗車日が平成29年5月1日(月曜日)から平成29年9月30日(土曜日)までであること。
  • 出発駅がJR氷見駅またはJR島尾駅であり、JR新高岡駅で北陸新幹線に乗り継ぎ、JR長野駅以遠の駅を到着駅とすること。ただし、往復乗車券を利用する場合に限り、JR上越妙高駅またはJR飯山駅を到着駅とする旅行行程も対象とします。
注意事項

反対向きの旅行行程(長野・東京方面の駅を出発駅とする旅行行程)は、対象外です。

申込にあたって(新高岡駅利用前の手続き)

  • 新高岡駅利用前に、氷見市観光協会事務局(JR氷見駅構内)で整理票を必ず受け取ってください。
  • 整理票はプリペイドカードを受け取るときの必須書類です。大切に保管してください。なお、整理票は再発行しません。万が一紛失した場合は棄権となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 整理票は氷見市観光協会事務局にお越しいただいた方にお渡ししますが、家族や団体などグループ旅行の場合は、代表者が人数分の整理票をまとめて受け取ることができます。代表者が整理票をまとめて受け取る場合は、申込者全員分の氏名、年齢、住所、電話番号を記載した名簿(A4用紙を使用し、様式は任意)を提出してください。
  • 申込は1人1回限りです。

プリペイドカードを受け取るにあたって(新高岡駅利用後の手続き)

  • 申込要件を満たし、JR新高岡駅を利用され、下記の必要書類を提出していただいた方にプリペイドカード(1人2,000円分)を進呈します。旅行前にプリペイドカードを受け取ることはできません。
  • プリペイドカードは旅行者本人にお渡ししますので、代表者が一括して受け取ることはできません。受け取りの際は、旅行者本人が氷見市観光協会事務局までお越しください。ただし、高校生以下の未成年者が同居家族と一緒に旅行した場合に限り、同居保護者が必要書類を用意することで、未成年者に代わって同居保護者がプリペイドカードを受け取ることができます。
  • プリペイドカードをお受け取りの際はアンケートにご協力ください。

必要書類

旅行者1人につき一式全てご用意ください。不備がある場合はプリペイドカードをお渡しできません。

  1. きっぷ購入前にお渡しした整理票
  2. 購入したきっぷ(乗車券・特急券の両方)の複写もしくは使用後の原本 ※きっぷを使用する前に、必ず複写を取っておいてください。万が一旅行前に複写を取れなかった場合は、旅行中に複写を取るか、有人改札口できっぷの記念持ち帰りを申し出るなどしてください。
  3. きっぷ購入時の領収書の原本(複写不可)
  4. 認印(スタンプ印不可)
  5. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、社員証、学生証やその他の証明書)を提示してください。

注意事項(平成28年度からの変更点)

  • 新高岡駅を利用する前に、必ず整理票を受け取ってください。
  • JR氷見駅またはJR島尾駅を出発駅とする旅行行程のみ、プリペイドカードの交付対象とします。
  • 現金の交付は行いません。

お問い合わせ先

一般社団法人氷見市観光協会

Tel 0766-74-5250

営業時間 午前9時 から 午後5時 まで(年中無休)

氷見市伊勢大町一丁目12番18号(JR氷見駅構内)

なぜ新高岡駅の利用促進が必要なの?

現在、新高岡駅には、北陸新幹線の

  • 停車タイプ「はくたか」
  • シャトルタイプ「つるぎ」

に加え、

  • 速達タイプ「かがやき」

の臨時便が1日1往復停車しています。

氷見市をはじめ呉西6市や関係団体等で組織する北陸新幹線新高岡駅「かがやき」停車実現期成同盟会では、新高岡駅を拠点とした富山県西部並びに飛越能(飛騨+越中+能登)地域の振興を図るために、新高岡駅に1本でも多くの「かがやき」を停車してもらえるよう、地域一丸となって新高岡駅の利用客増加に取組む必要があると考えています。

現在、新高岡駅からの北陸新幹線乗車人員(新高岡駅から自動改札を通って新幹線に乗る人)数は、1日当たり約1,500人です。北陸新幹線新高岡駅「かがやき」停車実現期成同盟会では、将来的には新高岡駅への「かがやき」定期便化を目指しており、そのために「新高岡駅からの北陸新幹線乗車人員を、1日あたり500人増やす」ことを目標としています。

「かがやき」と「はくたか」を比較すると、新高岡駅から東京駅までの所要時間は約30分も違います(「はくたか」が約2時間52分であるのに対し、「かがやき」は約2時間22分)。「かがやき」の利便性により、北陸新幹線沿線地域から新高岡駅へ多くの観光客やビジネス客がやってくることで、県西部並びに飛越能地域の観光業をはじめとした関連産業にプラスの効果が出ることが期待できます。

また、「速達タイプの新幹線が停車している」という事実そのものも大切です。「『かがやき』が停車している」というステータスにより、新高岡駅と県西部・飛越能地域の知名度と魅力が高まるからです。県西部・飛越能地域の知名度と魅力が高まれば、より多くの地域外の人たちに「行ってみたい」と思わせることができます。

新高岡駅の利用者を増やすためには、地域の外から来訪者を連れてくるだけではなく、地域内の住民の皆様に新高岡駅から北陸新幹線でお出かけしていただき、内外両面から利用者を増やしていかなければなりません。

そこで、氷見市民の皆様には、本事業をきっかけとして新高岡駅・北陸新幹線についてより多くの方に関心を持っていただき、新高岡駅を利用していただきたいと考えております。

私たちの富山県西部・飛越能地域の活力を守り、より高めていくため、新高岡駅からの北陸新幹線利用にご協力をお願いします。 

このページについてのお問い合わせ

[ 公共交通担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8078 Fax:0766(74)8104 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。