本文

老谷の大つばき(天然記念物)

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

◆樹齢500年のヤブツバキ

老谷の大つばきは推定樹齢500年の大型のヤブツバキであり、三宅一喜氏の「全国の調査巨樹順位」のヤブツバキの中では巨樹順位1位にランクされています。樹高は7.5メートル、幹周り3.89メートル、枝張りは、東西7.9メートル、南北11.0メートルとなっています。老木ではあるものの樹勢は旺盛で、4月頃から花をつけ、約1か月間、多くの花を咲かせています。

0920-0900113-903

写真:開花期の老谷の大つばき

◆言い伝えのあるツバキ

その昔、氷見、池田城に仕えていたある武士が、無実の罪で打ち首になった。この武士の妻は、夫の死後、子どもを連れて老谷の里へ帰ったが、悲しみのうちにまもなく亡くなった。ところが一族は村の墓地に埋葬することは許されず、池田城を見渡せる山腹に埋葬され、墓標の代わりに赤いツバキの木を植えて弔った。それがこの大つばきであると伝えられています。また高さ約95センチメートルのところで3本に枝分かれし、枝と枝が接合、癒着しており、異様な形態を見せていることから「さしまたのツバキ」の異名をもっています。

0920-090113-904

写真:3本に枝分かれしており「さしまたのツバキ」の異名をもつ

指定年月日:昭和40年1月1日
所 在 地:長坂馬場出279

老谷の大つばき 所在地図

このページについてのお問い合わせ

[ 生涯学習・文化財担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8211 Fax:0766(74)5520 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。