本文

朝日社叢(天然記念物)

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

朝日社叢は天然記念記念物に指定されている面積は広く、原生林的な風格があり、スダジイ、イヌシデ、タブノキの高木層、ヤブツバキ、モチノキ、ヒサカキの亜高木層、スダジイ、シロダモ、ユズリハ、ケヤキなどの低木層、そしてヤブコウジ、ジャノヒゲ、ベニシダ、キズタなどの林床の四層構造で構成され、林縁もあり生育する植物種が多く存在します。今時、人が出入りする山にはこのような森は見られません。またこのような森が形成されるまでには400年以上の歳月がかかるといわれています。

朝日社叢のある小境は伊勢神宮と関係が深く、明治初年まで加賀藩主より伊勢の御師堤大夫(おしつつみだゆう)に寄進された伊勢領があったところです。朝日神社と夕日神社に祀られている神は伊勢神宮の内宮と外宮の祭神で、ここで「はだしまいり」が行われたと伝えられています。鳥居の前で履物を脱ぎ、裸足で参道を進み参拝したとされることから、こうした自然環境が残されたと考えられます。

0920-090113-901

指定年月日:昭和40年1月1日
所 在 地:小境字前田1(朝日神社)

朝日社叢 所在地図

このページについてのお問い合わせ

[ 生涯学習・文化財担当 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8211 Fax:0766(74)5520 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。