本文

博物館特別展「四角い古墳・丸い古墳」‐王墓の時代の氷見‐

  • イベント・講座

更新日:2017年3月1日このページを印刷する

開催日

博物館特別展「四角い古墳丸い古墳」

2017年3月3日~2017年3月26日

イベントについて

特別展「四角い古墳・丸い古墳」-王墓の時代の氷見-

 

 

3世紀後半から6世紀までの古墳時代、氷見地域には大小合わせて400基近い古墳が築かれています。

日本海側最大の前方後方墳で、国指定史跡である柳田布尾山古墳や、県内最大の前方後円墳である阿尾島田A1号墳といった巨大な古墳から、長さ5mほどの小さなものまで、氷見地域には多様な規模の古墳があるのに加えて、方墳など四角い形のもの、円墳など丸い形のものが混在しているのが、分布の特徴になっています。

また、氷見の古墳からは、色鮮やかな玉類、金銅製品、鉄製品などに加えて、県内では類例の少ないよろいや埴輪も出土しています。

この特別展では、測量や発掘調査が行われた古墳について、その墳丘を地形模型で紹介するとともに、出土した副葬品を展示し、古墳時代の氷見を集大成します。

 

期間 平成29年3月3日(金)から3月26日(日)
時間 午前9時から午後5時
会場 博物館特別展示室
休館日 3月6日(月)・3月13日(月)・3月21日(火)
資料解説会 3月4日(土)午後2時より(参加自由)

観覧無料

また、会期中図書館に特別展関連図書コーナーを開設します。

特別展「四角い古墳・丸い古墳」(表・裏) [PDFファイル/3.29メガバイト]

開催場所

氷見市立博物館

このページについてのお問い合わせ

[ 博物館 ]
〒935-0016 富山県氷見市本町4番9号 教育文化センター1階  Tel:0766(74)8231 Fax:0766(74)5520 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。