本文

むかしの氷見をあるく-氷見まちなか歴史探訪-

更新日:2017年8月12日このページを印刷する

趣 旨

まちなか歩きの模様

氷見市街地の原形と考えられる「氷見湊」は、室町時代14世紀中頃の史料に初めて記されており、港町氷見の歴史は660年以上前までさかのぼることができます。
また市街地周辺には、縄文時代の遺跡や古墳群も確認されています。
現代の街並の下に、多くの歴史が埋もれているのが、氷見市街地の特徴です。
「むかしの氷見をあるく」は、博物館学芸員のガイドで、過去の風景を想像しながら、市街地ウォーキングを楽しむものです。
江戸時代編、室町・戦国時代編、古墳時代編、縄文・弥生時代編の4回のコースがあります。
好きな時代をのぞいてもよし、全ての時代を制覇するもよし、ぜひこの機会に参加してみませんか。

開 催 日 時  

第1回 江戸時代編     平成29年 9月16日(土曜日)9:30から12:00
第2回 室町・戦国時代編  平成29年 9月 30日(土曜日)9:30から12:00
第3回 古墳時代編     平成29年10月14日(土曜日)9:30から12:00  
第4回 縄文・弥生時代編  平成29年11月11日(土曜日)9:30から12:00

 

定  員 各回とも20名、小学生以下は保護者同伴。
申込方法 各回ごとに参加者を募集します。希望の回だけの参加も可。
博物館窓口で直接申し込むか、下記の電話・メールアドレスあてに、住所・氏名・性別・年齢・連絡先を添えて、申し込んでください。
参加費用 一人一回500円(保険料・入館料・資料代含む)
お申し込み・
お問い合わせ先
氷見市立博物館
〒935-0016 富山県氷見市本町4-9 
 電話: 0766-74-8231  ファックス : 0766-30-7188
メール:hakubutsukan@city.himi.lg.jp
備  考 *応募者多数の場合、先着順とします。
*参加者特典として、普段展示していない資料から、各時代のものを一部ご覧いただきます。
*詳しい内容は、参加者に改めて通知します。
*天候等により、コース変更や中止の場合があります

  むかしの氷見をあるくチラシ(表)

  むかしの氷見をあるくチラシ(裏)

このページについてのお問い合わせ

[ 博物館 ]
〒935-0016 富山県氷見市本町4番9号 教育文化センター1階  Tel:0766(74)8231 Fax:0766(74)5520 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。