本文

施設の利用

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 施設の利用にあたって

 公民館では、次のことはできません。

 (1) 営利を目的として事業を行うこと。

 (2) 特定の政党の利害に関する事業を行うこと。

 (3) 公私の選挙に関し、特定の候補者を支持すること。

 (4) 特定の宗教を支持し、又は特定の教派、宗派若しくは教団を支援すること。

 公民館を利用する場合は、あらかじめ「承認」が必要です。

 次の場合は「承認」できません。

 (1) 社会教育法第20条に規定する公民館の目的に反すると認められるとき。

 (2) 公民館の施設、附属設備等を損傷するおそれがあると認められるとき。

 (3) その他公民館の管理上支障があると認められるとき。

 「承認後」の変更について

 (4) 変更又は取消しを受けようとするときは、速やな連絡が必要です。

 (5) やむを得ない理由で時刻を超えて利用するときは、事前の承認が必要です。

 「承認」の取り消し等について

 次の場合は「承認」を取り消し、又は利用制限をします。

 (1) 氷見市の条例又は規則に違反したとき。

 (2) 偽りその他不正の手段により利用の承認を受けた事実が明らかとなったとき。

 (3) 規定による承認の条件に違反したとき

 利用するときの遵守事項について

 公民館の施設を利用するときは、次のことを守ることが必要です。

 (1) 収容定員を超えて入室しないこと。

 (2) 利用の承認を受けていない施設又は附属設備を使用しないこと。

 (3) 騒音、怒声等を発し、又は暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

 (4) 許可なく壁、柱、窓、扉等に紙をはり、又はくぎ類を打たないこと。

 (5) 許可なく火気を使用し、又は危険若しくは不潔な物品を持ち込まないこと。

 (6) 許可なく物品の販売又は寄附金の募集をしないこと。

 (7) その他管理上必要な指示に従うこと。

 (全館禁煙です。施設内での飲食は、原則禁止です。)

 利用後について

 公民館は公共の施設です。次に使う人のために、次のことを守ることが必要です。

 (1) 施設利用後は、元の形に復元すること。 (ゴミや汚れはきれいにしてから帰りましょう。)

 (2) 施設利用後は、館の職員に連絡すること。

 (3) 施設、附属設備等を損傷、又は紛失したときは、直ちにその旨を館員に届け出て、その指示に従うこと。

 

 使用料

 公民館利用者は、下の表に定める使用料を納入することが必要です。

 利用時間の区分・施設による金額

平成26年4月

  施設 利用時間の区分  ホール  第1研修室  第2研修室  会議室  和室
 午前9時から正午まで  4,860  1,080  1,300  540  2,160
 正午から午後5時まで  8,640  1,620  1,940  760  3,240
 午後5時から午後9時まで  10,800  2,160  2,590  1,080  4,320
 午前9時から午後5時まで  12,960  2,590  3,020  1,300  5,180
 正午から午後9時まで  17,280  3,560  4,320  1,730  7,130
 午前9時から午後9時まで  21,600  4,210  5,180  2,050  8,420

 

 備考

  1 祝日、土曜日又は日曜日に施設を利用する場合は、規定使用料の15パーセント増。

  2 利用時間を超えて利用する場合は、1時間につき20パーセントの超過徴収。(利用時間1時間未満の端数は、1時間として計算)

  3 冷房又は暖房期間中に施設を利用する場合は、冷暖房料金として規定使用料の30パーセント額を徴収。

  4 仕込み又はリハーサルのためホールを利用する場合の使用料(増額した場合は、その増額した使用料)は、規定使用料の50パーセント相当額。

  5 利用時間を短縮した場合であっても、使用料は、減額しない。

  6 教育委員会又は社会教育法第10条に規定する社会教育関係団体が法第22条に定める事業に利用する場合の使用料は免除する。

  7 使用料は、前納とする。ただし、市長が相当の理由があると認めるときは、この限りでない。

  8 特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

  9 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

  10 公民館の施設、附属施設等を破損させた場合は、損害額を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めたときは、その全部又は一を 免除することができる。

 

 申請書

 公民館利用の承認を受ける場合、「公民館利用承認申請書」を館長に提出することが必要です。

 申請書は、利用日の2か月前から3日前までの間に提出してください。

 規定により、使用料の減免を受ける場合、「公民館使用料減免申請書」の提出が必要です。

 添付ファイル

このページについてのお問い合わせ

[ 中央公民館 ]
〒935-0016 富山県氷見市本町4番9号 教育文化センター4階  Tel:0766(74)8240 Fax:0766(74)8241 お問い合わせ

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください(無料)。

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。