本文

世界農業遺産・日本農業遺産の認定に向けた「市民セミナー」を開催しました

更新日:2018年3月7日このページを印刷する

農業遺産

 2月24日(土曜日)、世界農業遺産・日本農業遺産の認定に向けた市民セミナー「氷見らしさを未来に活かす 世界農業遺産について」を氷見市いきいき元気館で開催しました。これは、世界農業遺産・日本農業遺産の認定に向けて、市全体で取り組んでいくため、その目的や内容など広く市民の皆さんに周知を図り、理解を深めるために開催したものです。

 

 最初に林市長が「農業遺産について、市民の皆さんと理解を深めていきたい。市民の皆さんが改めて氷見の素晴らしさを再認識するとともに、この取り組みが身近なものになるようにしていきたい」と挨拶をしました。

 講演では、「世界農業遺産とその活かし方:地域の将来をみんなで考える」と題し、総合地球環境学研究所の阿部教授が世界農業遺産の制度などについてわかりやすく説明されました。その中では、「『世界遺産』は保護保全することを目的としているが、『世界農業遺産』はより良い農業に変えてゆくための制度である。何を残して、何を変えていかなければならないのかを皆で考え、地域の『ビジョン』を提示して、それに向かって問題を解決していくことである」と話されました。

 その後、平成23年6月に日本で最初に世界農業遺産に認定された石川県能登地域と平成29年4月に日本農業遺産に認定された新潟県中越地域において中心となって取り組んでこられた山下石川県農林水産部里山振興室長と小林長岡市農林水産部長から、それぞれの地域での申請に向けた活動と認定後の地域資源の活用について報告をいただきました。

 最後には、有元東京海洋大学名誉教授をはじめとする学識者と松原氷見市観光協会会長、林市長がパネラーとなったパネルディスカッションで、会場を巻き込んだ意見交換により、世界農業遺産・日本農業遺産の申請に向けて氷見市の魅力の確認や今後の方向性について議論しました。

 

 この市民セミナーの様子をケーブルテレビ(ひみチャン9)で放送しますので、ぜひご覧ください。

放送期間 4月15日(日曜日)~4月21日(土曜日)

放送時間 午前6時~、午後3時~、午後8時~ (1日3回)

 

フォトギャラリー

農業遺産

(講演 阿部総合地球環境学研究所教授)

農業遺産

(活動報告 山下石川県農林水産部里山振興室長)

農業遺産

(活動報告 小林長岡市農林水産部長)

農業遺産

(パネルディスカッション)

このページについてのお問い合わせ

[ 広報情報課 ]
〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地  Tel:0766(74)8012 Fax:0766(74)0692 お問い合わせ

この情報はお役に立ちましたか?

より良いホームページにするために皆様のご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか。
   
このページは見つけやすかったですか。
   
このページにはどのようにしてたどり着きましたか。